HOME>注目記事>不動産投資でも中古物件と大きな差がでてきます

低リスクで投資ができる

お金

将来に向けて資金を溜めておくことは心の安定を図ることができますが、投資をするとなると慎重にすすめなくてはいけないケースが多いです。近年人気があるのが新築アパート投資で、そのメリットにはいくつかの理由があり低リスクというキーワードがポイントになっています。まず中古アパートなどと違い新築の場合には空室リスクが少なく入居率がかなり高くなっていることがいえます。また新しく建てることからもニーズに応じたアパートを立てることができるので、人気のある建築をすることができるのも大きなメリットです。そして専門的なノウハウが無くてもアドバイスに従ってやっていくことができるのも、新築アパート投資の魅力と言われています。

キャッシュフローを知る

男性

この新築アパート投資にはいくつかの種類があり、その一つ一つに目を通してどのようなスタイルでやっていくのかを決めることです。まず基本的に気になるのがキャッシュフローで、これは毎月入ってくる家賃収入から必要で使われている経費を差し引いた額になりますので、手元に残るお金という意味になります。ローンの返済額は入居率によって変わってくることはありませんので、しっかりとキャッシュフローを計算しておくことで返済も問題なくできます。

トータルバランスで借入れる

貯金箱

もう一つがトータルバランスで、これは借入枠から投資物件のバランスを適切に見極めることになるので、新築アパート投資が失敗しないポイントです。不動産投資には銀行からの借入が基本になりますので、おおよそ年収700万円から1000万円の所得層となっていることも、理解をしておくことでチャレンジできます。トータルバランスを考えると年収の8倍までは不動産投資ができる予測とされていますが、オーナーの年齢なども大きく左右されることもあります。

広告募集中