HOME>ホットトピックス>中古と新築はどこがどのように違うのだろうか

やっぱり新しいほうがよい

アパート

中古のアパートの一棟買いという方法も、立派な不動産投資の一つではあります。確かに中古であれば土地と建物を合計しても、ほとんどが土地代であり、減価償却年数を過ぎた中古アパートであれば、土地値だけで購入することもできます。しかし、中古は前のオーナーからの物件の引継ぎになります。2代目のオーナーになるということは、それなりの苦労があるものです。特に全オーナーが、物件の修繕を怠った状態で売りに出している場合には、修繕は2代目オーナーの費用になります。そのようなことも考慮しなければいけないのが中古のデメリットです。では、新築アパート投資の場合はどうでしょうか。

新築は初代オーナーになることが出来る

計算

前のオーナーからの引継ぎではなく、最初のオーナーになることが出来るのがメリットです。新築アパート投資は自らの手でアパートの間取りや色などを決めることが出来ます。愛着も中古よりも大きくなるでしょう。確かに土地から購入して新築を建てる場合には、費用が掛かりますが、土地を所有しているのであれば、新築アパートは建設費用のみなので、土地代が掛からないというメリットもあります。それならば、利回りも向上しますし、キャッシュフローも余裕を持たせて回していくことが出来るかもしれません。

広告募集中